2009年08月02日

チルドレン

読了日:7/20(月)
作・伊坂幸太郎
・短編集のようだが、一つの長編として読める作品。語り手はそれぞれ違うが、どの話にも共通して「陣内」という人物が現れる。
・独特なキャッチで書かれていて、すごく面白かった。
posted by ゆう at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。