2009年06月02日

グラスホッパー

作・伊坂幸太郎
・妻を交通事故で「殺された」鈴木はその運転手だった非合法な会社の社長の息子に復讐するためにその会社〈令嬢〉に乗り込む。だが、会社から復讐者ではないかという疑いを掛けられ、それを晴らすために何の関係もない2人の若者を仇の社長息子の目の前で殺すよう上司に命令されてしまう。だが、その仇が鈴木とその上司の目の前で「押されて」車に轢かれて死んでしまう。上司に社長息子を「押した」者を追うよう言われた鈴木はその者を追い掛けていく。この鈴木と、殺し屋の蝉、自殺させ屋の鯨、3人の物語が交錯していく。
・一見3人の話が別々になっているんだけど、だんだんと噛み合ってきて、最後には一つにまとまっている。うまいなぁ、伊坂さん。
posted by ゆう at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。